>

リテルヒューズがハムリンの買収を発表

シカゴ、2013年4月15日 - Littelfuse, Inc. (NASDAQ: LFUS) は本日、Hamlin, Inc をキー・セイフティ・システムズから現金 1億 4500 万ドルで買収する正式な契約に署名したと発表しました。ハムリンは、センサー技術を自動車業界、ならびにエレクトロニクスおよび工業市場に提供する企業です。同社は、ウィスコンシン州レイクミルズ、英国のノーウィッチ、中国の蘇州、そしてメキシコのマタモロスを拠点とするグローバル企業です。ハムリンの2012年の売上高は、約 7600 万ドルでした。

「ハムリンの買収は、グローバルな自動車用センサープラットフォームを築くという、弊社の戦略における新たな一歩です」 と、リテルヒューズ CEO のゴードン・ハンターは語ります。「わが社は、ハムリンの今後の成長の見通しと、2012年に買収した自動車用センサー企業の Accel との確実性のある相乗効果に大きな期待を寄せています。また、弊社はハムリンとともに、電子機器販売パートナーを通じて販売できる製品を作り出し、自動車市場という枠を超えて、センサー技術を拡大して参ります。」

「ハムリンの新製品供給ラインと他社製品に採用されるその技術力、そして自動車およびエレクトロニクス市場におけるわが社のリーダー的立場が組み合わさることで、強力なパートナーシップが実現します」と、ハンターは付け加えます。「弊社はこのビジネスが 2 桁台の売上成長率を達成でき、2014 年度の収益を 1 株あたり約 0.35 ドル増と徐々に拡大していくものと信じています。」

この取引は、適用されるハート・スコット・ロディノの待機期間およびその他決算手続き条件の満了日または終了日後に成立します。この買収手続きは、5月末までに完結する見込みです。

この発表に関する電話会議は予定されていません。この買収に関する連絡内容は、弊社の収益情報の公開と併せて、2013年4月30日の電話会議にて発表する予定です。

ハムリンについて
1949年に設立されたハムリン・エレクトロニクスは、センサー技術のリーダーとして、標準製品およびカスタムソリューションを、自動車およびその他産業の世界的な大手メーカーに提供しています。同社の製品ラインには、リード、ホール効果、誘導、そして新開発 PWG 線形センサー技術をはじめ、スイッチやリレーなどがあります。ウィスコンシン州レイクミルズを本拠地とするハムリンは、米国、メキシコ、ヨーロッパ、アジアに生産、エンジニアリング、セールスの各部門を構えています。詳細については、同社ウェブサイト www.hamlin.com をご覧ください。

リテルヒューズ会社案内
1927年に創立した Littelfuse, Inc. は、業界で最も豊富な回路保護関連製品およびソリューションのバリエーションを提供する、回路保護分野の世界的大手企業です。  リテルヒューズの機器は民生用電子機器から自動車、工業機材にいたるまで、実質的にあらゆる市場の電力製品を保護します。  イリノイ州シカゴに構える本社のほか、南北米大陸、ヨーロッパ、アジアでセールス、販売、製造、エンジニアリング施設など 30 ヶ所以上のロケーションを有しています。リテルヒューズが提供するテクノロジーには、ヒューズガスアレスター (GDT)正温度係数機器 (PTC)PulseGuard® ESD サプレッサ交流用シリコンダイオード機器シリコン保護アレイ (SPA®)スイッチングサイリスタTVS ダイオードバリスタなどが挙げられます。  また、商用車や特殊車両の電気機械、電子機器用スイッチおよび制御装置、自動車の安全システム用センサー、安全制御や電力供給に使用される保護リレー、地下配電センターなどの高信頼性製品の総合的なラインナップも展開しています。

詳細についてはリテルヒューズのウェブサイト littelfuse.com をご覧ください。

1995年私募証券訴訟改革法の「セーフハーバー」条項。

本リリースに掲載されているすべての記述には、過去の事実に関する声明または特性評価の他に、1995年私募証券訴訟改革法 (Private Securities Litigation Reform Act of 1995) を含む連邦証券法において定義されている将来の見通しに関する情報が含まれています。これら将来の見通しに関する記述は、弊社が関わる産業およびビジネスに関する弊社の現在の期待、評価および予測、そして経営管理者の考えと、弊社が導き出した仮説をもとにしており、内容については将来変更される可能性があります。将来の見通しに関する記述は、「予想される」、「期待する」、「意図する」、「計画する」、「予測する」、「信じる」、「追求する」、「評価する」、「可能性がある」、「予定である」、「すべきである」、「するつもりである」、「あり得る」、「潜在的に」、「引き続き」、「現在進行中」といった表現やそれと同様な表現、またこれら表現の変異体や否定体などの言葉で確認されます。このような将来の見通しに関する記述には、当買収によって発生するリテルヒューズの収益およびハムリンの将来的な販売活動への影響、買収手続きの予想決済日、リテルヒューズが携わる事業へのハムリンの戦略上の適合性、さらに当買収手続きの潜在的利益に関することが含まれますが、この限りではありません。このような将来の見通しに関する記述は、将来の業績を保証するものではなく、この記述に含まれるリスクや不確定要因、および仮説により、弊社の実績が将来の予測情報として記載したものとは著しく異なる結果となったり、悪影響を及ぼす結果を招く場合があります。 

ハムリンの買収に関連し、このように事実とは異なる結果を引き起こす重要な危険因子には次が含まれますが、その限りではありません:センサー技術ソリューションとその関連技術に関する市場の拡大および需要における予想外の変動、株式売買契約およびその関連手続きに関する書類によって買収手続きを無事に完結させる関係者の手腕、技術と事業の買収に備わるリスク(大量生産、集積化問題、コストおよび不測の出費を通じた技術および製品開発のタイミングと成果、顧客、サプライヤーおよび戦略的パートナーとの関係の変化など)、将来的な契約上の知的所有権または従業員問題、購買会計調整または公正価値測定に起因する費用。

2013年2月27日に提出済みのフォーム 10-K におけるリテルヒューズの年次報告書と、その他証券取引委員会に対する申告では、このような違いを引き起こす、または弊社事業、経営成績および財政状態に影響を与えるその他重要なリスク要因について説明しています。このリリースに記載される将来の見通しに関する記述は、現時点における状況のみをもとにしたものです。リテルヒューズは、未来の出来事または事情にもとづいて、将来の見通しに関する記述を訂正したり、公的に更新したりする義務はありません。

LFUS-A

Littelfuse, Inc.
Phil Franklin, (773) 628-0810
業務サポート担当バイスプレジデント兼 CFO