統合型可変周波数ドライブ

弊社の可変周波数ドライブは、モーターの始動、負荷制御の最適化、省エネを目的とした、さまざまな産業分野での利用が可能です。独自の VFD モジュールは、メンテナンスの手間がかからず、空気フィルター交換の必要がありません。また、塵埃、多振動、突然の衝撃など、過酷な稼働環境下に耐えられるよう設計されています。しかし、これまでは鉱業分野ではこのようなメリットを完全に実現することが不可能でした。これは、可変周波数ドライブ (VFD) に使用される電子機器と、地下および露天採鉱の鉱山における汚れた環境や苛酷な環境との組合せにより、ドライブの信頼性と見積耐用年数が低下しがちなためです。リテルヒューズの Startco では、VFD の重要なコンポーネントを過酷な鉱業環境から隔絶し、なおかつ VFD の熱冷却要件を満たす低メンテナンスモジュラーシステムの設計により、この問題を解決しました。

このリテルヒューズ Startco 設計の統合型可変周波数ドライブは、定期的なメンテナンスの必要性を最小化するよう設計されています。便利なフィルターレス設計の結果、メンテナンスは背面部のヒートシンクからほこりあるいはごみを定期的に除去するだけの、簡単なものに限定されました。

リテルヒューズ Startco 可変周波数ドライブを検索